アストン


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • アストン(Aston, William George)

    アストン(1841年〜1911年)。イギリスの外交官。日本学者。
    1864年に来日、1889年に帰国。日本語や日本の歴史を研究し、西欧人として初めて『日本書紀』を英訳しました。
    『日本語口語小文典』『日本語文語文典』などの編纂にも従事。



    アストン

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳7)
    このように乞食にならないほどに貧乏しながら2年ばかり留まったのは、前述のロンドン大学総長ディキンズの世話で、ケンブリッジ大学に日本学の講座を設けアストン(『日本紀』の英訳をした人)ぐらいを教授とし、小生を助教授として永く英国に留めようとしたためである。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano